突然英会話 ① The who - substitute

  • Day:2013.09.19 12:41
  • Cat:英語
またまた下書きを途中で長く放置してしまいました。
少数とはいえ見に来ていただいている皆様、申し訳ございません。


*日本は大型台風通過で大変でした。
被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。
暴風がぐぉ~っと家を巻く瞬間、窓が割れないか、停電しないかと、とてもこわいです。




突然ですが英会話シリーズ第一回です。


わたしは、アメリカ滞在17年くらいになりますが、未だに文法を間違えます。
最近はもう諦めてしまって、一生このまま、と思うようになりました。
日常会話に支障がなければ、細かいことは、もう、よいです^^;。

とはいえ、それでも家人には、できる限り間違いを指摘してもらうようにしています。

もともと鈍い頭が更に鈍くなっているのか、同じような間違いが来る日も来る日も尽きません。


そんなわたしですが、日常会話で、「ふーん」と思った英会話を、少し紹介したいと思います。

シリーズ化予定です。






                 ********


電話にて、「ズーズーさんいらっしゃいますか?」「はい、僕です」という英語の返事なのですが、


May I speak to Mr. Zoozoo?


a) This is him または This is he

b) Speaking

c) This is zoozoo


答え











答えは a)、 b)、c) どれも正解です。

a)の答えの直訳そのまま、「今電話に出ているのがその彼(ズーズー)です」

b)の答えは「今電話に出て喋っているのが僕です」ということで、単に「speaking」で通じます。
これが一番一般的かと思います。


c)は直球ですね。意外にも一番使われないものです。






そして電話にて、または直接会っても同じですが、最期に「(お話できて)とても楽しかったよ」と言われ、「わたしも!」と返答する場合:



Nice talking to you.

a) Me too

b) You too


どっちでしょうか。

















答えは b) you too. です。


日本語なら「わたしも(楽しかった!)」というので、ついつい me too かと思ってしまいますが、



It's been nice talking to you too. の、you too なのでした。




え、それだけ?! の拍子抜け英会話講座です。お粗末様です。









1174645_10201270786707990_2110410104_n.jpg
The Who のドラマー、キース・ムーンと猫さん。













1.substitute

[名] 1 (…の)代わりをする人[物],代理人,身代わり,代役,補欠,代用品,代用食((for ...))  









20130906a.gif
少しだけ「ふ~ん」と思っていただけたら、ぽちっとありがとうございます^^。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。