ありがとうございます

今日、こちらは35度くらいまで気温があがり、むしむしの1日でした。

明日も同じくらい暑い模様。。。。

せめて夜は涼しくなってくれないと、寝苦しくて翌日またぼーっとしてしまいます。

また気温の上がり下がりも激しいので、みなさまも体調管理、どうぞお気をつけください。



最初のブログへの励ましのメールと「拍手」、ありがとうございました~。

まだまだ使い慣れていなくて、訪問数などもどうやって見るのかよくわかっていないのですが、
読んでいただけた!と思うだけで嬉しいです。

010.jpg

いろいろなリンクが何故英語なのか分かりませんが、これから少しづつ、使いやすいように模様替えしていきたいと思います。


写真は猫のズーズー氏。休憩中です。
スポンサーサイト

はじめてみます

  • Day:2012.06.26 15:07
  • Cat:映画
こんにちは、こんにちは、こんにちは!

今日からぽちぽちとブログをはじめてみます。

今のところ、わたしの小さなドールショップからのリンクで見に来ていただいた方が大半と思います。

あまりお人形さんを話題にすることはなさそうですが、偉そうにタイトルだけは「人形飛行」と付けてみました。

なんとなく素敵な響きではありませんか^^?


さて・・・・

記念すべき(?)初投稿。

二ヶ月も前にSさんに宣言していたので、最初の記事はそのときの自己公約通りいきます。

今日のテーマはずばり「映画」です。

gy01.png



じゃじゃ~ん。

003.jpg



ロッセリーニ監督の「ドイツ零年」です。1948年製作。

第二次世界大戦直後のドイツで、ひたすら生きようとがんばる12歳の少年の物語。

監督はイタリアの巨匠ロッセリーニ。当然ながらイタリアの苦境も最たるものでしたが、あえてドイツを舞台に、「敗戦国の子供たち」を真正面から捉えています。


gy03.png



エドモンド: "I did it" 「やってしまいました」
元教師: "Did what?" 「なにを?」


最後まで救いの無い映画ですが、現実は時に映画よりも奇なり。

こういうこともあったろうと、しみじみと悲しくなる映画です。

映画の中にも真実があります。



008.jpg


こんなつらい思いを子供たちがせねばならなかった時代。

今も世界のどこかで、同じようなことが起こっているのですよね。

いつだって子供は犠牲者です。

で、太宰治の「桜桃」の最後の1行で、突然第一回の投稿を終わります。

痛烈な逆説です。



”子供よりも親が大事”。



では、また次で。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。