自然の壁掛け、ちらっと宣伝

  • Day:2014.04.20 23:20
  • Cat:日常


殺風景な部屋に、小さな木漏れ日がフレームを掛けてくれました。


140420a.jpg




日本はもうすぐゴールデンウィークですね。
皆様、どうぞ楽しく安全にお過ごしください。





ショップのほう、今週半ばに更新予定です。
ワンちゃんたちも含め、少し賑やかになりそうです^^。

140421r.png
ぽちっと応援ありがとうございます。


スポンサーサイト

これはなんでしょう。 

  • Day:2014.04.15 21:43
  • Cat:音楽
140415a.jpg


このレトロなトランクの中には・・・・・1950年代のお人形さの衣装がいっぱい・・・・・・







、のはずが・・・・












ああああ、


ポータブルレコードプレーヤーでした。
(お人形の衣装じゃなくてすいません^^;)
140415b.jpg


もう若い方は見たこともないかもしれません。7インチのレコードを載せています。
でも、このプレーヤーは78RPM、SPレコードをかけるものですので、7インチ(45RPM)は聴けません。

ちなみにRPMとは Revolutions per minute のことで、日本語では回毎分といいます。








ズーズーさん、あなた今年で4歳ですよ。
キミのお父さん、お母さん、お兄ちゃん、お姉ちゃんはどんなにゃんだちなのかな。

みんなキミと同じくかわいいのでしょうね。

140415c.jpg

「ノーコメント」

猫は語らない・・・・・







140415d.png

雨の日のアンニュイズーズー氏をぽちっとありがとうございます。

二股にんじん

  • Day:2014.04.10 22:11
  • Cat:
ズーズー氏の目、おにんぎょさんのペーパーウェイトアイと同じで、
表面はいとも美しきクリスタルドームです。


140410b.jpg
写真では分かりにくいですが、盛り上がったドームの表面に青空と窓枠が写っています。



140410c.jpg
しっぽたらん。





140410a.jpg

今日買ってきたにんじん、袋を開けてみるとこんな形のものが。
アメリカでは見た目にこだわらず、よほど変なものでない限りすべて普通に販売されます。

なかなかスリムな脚で、踊りだしそう・・・かも・・・・。

はい、真っ先に蒸しにんじんにしていただきました。ご馳走様です。
(股を真っ二つにして・・・・^^;;;;)









140410e.png
美脚にんじんをぽちっとありがとうございます。


東京のサクラ * Pharrell Williams / Happy

  • Day:2014.04.06 22:19
  • Cat:音楽
やっと春らしくなってきました♪

こちらは今年、本当に寒い寒い冬でした。

140405c.jpg

今年も姉にもらった東京のサクラ(先週)写真です。

ちなみにわたしの実家、東北の入り口では、まだまだつぼみが固いそうです。












最近頭から離れない曲。 ファレル・ウィリアムスの「ハッピー」







マービン・ゲイとカーティス・メイフィールドを足して割ったようなスムーズな歌声です。

現代の歌手の中では声、楽曲センス共に飛びぬけていると思います。

歌詞は「幸せなら手を叩こうよ。僕は幸せだよ」というシンプルなものでとてもポジティブ。


アメリカで今とてもポピュラーですので、日本でも既に有名な曲でしょうか。。。。




そして今年のグラミーでアルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞したDaft Punk。
ファレル・ウィリアムスが2曲ゲストボーカルとして参加しています。

そのうちの一曲、Get Lucky 、グラミー賞授賞式のビデオです。







向かって左の白いスーツの人、70年代のディスコサウンドで有名なバンド「シック」のギタリスト、
ナイル・ロジャース。“Freak Out”!

スティビー・ワンダーは特別ゲスト。

大変華やかで豪華なステージでした。





**************




「ハッピー」最高、と思っていただけた皆様へ

24 Hours Happy
↑ユーチューブへのリンクです。
「ハッピー」、24時間ビデオがあります^^;;;;。
12AMから11PMまで。
時間がある時、ちょびちょびと見ています。ついつい見てしまうんです。






落ち込みそうになったら「ハッピー」を聴いてみてください^^。


(一緒に歌うと更に効果的です)







140405b.png
よい曲ですよね! 中目黒の夕空桜をぽちっとありがとうございます。







************************







Daft Punkはデビュー当時、わたしの頭の中では Aphex Twinと同じ位置にあったのですが、
あれからずいぶんスタイルが変わりました。

(2001年のアルバム「ディスコグラフィ」に One More Timeという曲があるのですが、
この曲のビデオは松本零士がビデオのスーパーバイザーを担当。)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。