お久しぶりです。(一時停止ボタンを押してました)

  • Day:2016.07.12 08:43
  • Cat:
長い間ご無沙汰しておりました。

1月中に投稿しようと下書き保存しておいた写真など、今更の更新です。

なんだか、かんだか、いつの間にかこんなに時間が経ってしまいましたが、せっかくですので、すいません、更新させてください。

色んなことがありましたが、、もう7月です。あっという間ですね。困ったものです。





*********************






160222a.jpg

2月の初めの雪です。近所の教会のてっぺんです。1000ピースパズルにしたら難しそう。
この写真を見て、少しでも涼しくなっていただければ・・・^^・。



160222b.jpg

1月の室内。金色の猫再び。


160222c.jpg
おちる



160222d.jpg
おちた。
陽に溶けかかっています。






160222e.jpg

久々に図書館で借りた本です。村上春樹の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」。

英語版のカバーもなかなか凝っています。アカ、アオ、シロ、クロの小窓。つくる君の窓は東京の鉄道マップ。背景は灰田君の灰色。


160222f.jpg

こちらは家人が読みたいと予約して借りてきたパティ・スミスの本です。コーヒーとトーストとオリーブオイルとコーヒーショップについてのエッセイ。家族との思いでもたくさん。
偶然、ですが、「わたしは如何にしてねじまき鳥を失ったか」の章タイトル。パティ・スミスは村上春樹のファンだとは聞いていましたが、まさか本に書くほどとは思っていませんでした。
旧宮脇邸の庭に置かれていた鳥の彫像がどこへ行ったのか、とても気になって夜も眠れない・・・は大げさかもしれませんが、もし機会があったら、お金を払ってでも村上春樹に聞いてみたい、とのこと。
鳥の彫像はきっと、家の取り壊しの時に業者さんに引き取られたものでしょう、と夢のかけらもない私の推理をお披露目したいです。



160222g.jpg

村上春樹の本はよく言われていることだと思うのですが、英語で読んでいても、頭で容易に日本語に変換できるような気がします。

もともとの文章が「翻訳調」といわれているためか、英語で読んでいるのに、まるで日本語で読んでいるような錯覚に捉えられるのです。不思議です)

それって結構すごいことですよね。村上春樹のバイリンガル文章力。




160222h.jpg

「約束された場所で」と「アンダーグラウンド」もお勧めです。ぐぐぐっときます。
(どちらもノンフィクションです)




最後に、すいません、宣伝です。
ショップのフレディ君、サマーセール価格になりました。
とてもかわいい子ですので、どうぞお見逃しございませんよう。。。。!




スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。