FC2ブログ

日常と非日常 * ジャック・ケルアックの洗剤

  • Day:2012.12.01 17:30
  • Cat:映画
あっという間に2012年最後の月となりました。早いですね!

突然ですが、皆様は食器洗剤に「こだわり」はありますか?

わたしはあります。

[DAWN]が好きなのです。


dishwasher.jpg
写真はイメージです。


先日、洗剤が無くなってきたので、新しいのを買ってきてくれるよう家人にお願いしました。

暫くして電話がかかってきて、

「セール品の安いのでいい?」

「この前セールで[DAWN]じゃないの買って、最高に使いにくかったので、必ず[DAWN]にしてください」

すると、家人は、わざわざ高いほうの品を買うという行為が気に入らなかったらしく、

「ジャック・ケルアックはほんの少しの石鹸と水で食器を洗っていた!」

とやや切れ気味に主張。


「・・・・・・・・・」



kerouac.jpg
ジャック・ケルアック



わたしもケルアックを持ち出されては、さすがに言葉に詰まってしまいましたが、

「それってケルアックが森の番小屋でたった一人で住んでいたときの話でしょう。

しかも、何十年前の話よ~!」


・・・・と、いうことで、無事[DAWN]を買ってきてもらいました。


ちなみに、前の「最高に使いにくかった洗剤」は、もう二度と買いません。
[DAWN]の倍量を使っても、綺麗に落ちないような洗剤、意味無いですよね?








シャンタル・アケルマンの1975年の映画 「Jeanne Dielman, 23 quai du Commerce, 1080 Bruxelles」。
異常にタイトルが長いのですが、日本語タイトルは『ブリュッセル1080、コルメス3番街のジャンヌ・ディエルマン』。

主婦の日常が、非日常へ変わっていったのは、いったいどの辺からだったでしょうか。

(そもそも、彼女の日常が既に普通ではなかったのですが^^;)

ベルギー風?ミーとローフの作り方。最初から最後まで観れます♪









jackk.gif
ぽちっとありがとうございます!




スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。