FC2ブログ

シャイニングの双子 / ダイアン・アーバス

  • Day:2013.10.31 20:38
  • Cat:映画
今日はハロウィーンにちなんでの記事です。

注:写真、ちょっぴりこわいです^^;;;。



(すいません、例によって終わってしまってからの投稿です)









心の準備のためのスペース。























わたしの3大ホラー映画といえば、ポランスキーの「ローズマリーの赤ちゃん」と「テナント」、
それとキューブリックの「シャイニング」。














シャイニングにはキューブリック監督が色々とサブリミナルメッセージを折り込んでいて、
色んな観方ができる(ホロコースト、アメリカン・インディアンの虐遇、アポロ計画陰謀論等々。。。)映画らしいのですが・・・・

Room_237_(2012_film).jpg
"Room 237" オール・アバウト・シャイニングのドキュメンタリー映画です。
残念ながら、今のところ日本では未発売のようです。
映画「シャイニング」について、マニアックなファンが重箱の隅をつつくように熱く語るトリビア、隠された意味の数々。
分析に分析を重ね「そうだったのか!」と感心すること多数、時にちょっと無理があるのでは?というようなセオリーもありますが、キューブリック・ファンなら絶対に面白く観れるドキュメンタリーです。




やっと本題です。



ところでこの子たち↓。

20131031bbb.jpg



自分で貼っておきながら、やっぱりどっきーん、と何度見てもコワいのですが・・・

キューブリックは正式には認めていないと、どこかで聞いたような記憶があるのですが、
この子たちにモデルがあるのをご存知でしょうか。





20131031.jpg
「Identical Twins, Roselle, New Jersey, 1967」
ダイアン・アーバスの写真です。


シャイニングの1シーンと、アーバスの写真の子たち、ポーズはもちろん、膝の少し下までスクリーンに撮っているところ、そっくりです。
位置こそ逆ですが、片方の女の子が僅かに微笑んでいるところもそっくり真似ています。




ひぇーーーーーー。







ぷちっ。話題が変わる音です。









20131031c.jpg

この写真は2006年のハロウィーン写真です。
重い蝋燭を持てるたっちゃんの両手、すごいかも、です。





20131031c.gif
たっちゃんのかぼちゃ蝋燭をぽちっとありがとうございます。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。